最終更新2017年7月12日

  

                Welcome to GUMKA miniatures!

                                   Head Line News

 

 

比村奇石さんが応援イラストを!

 

 

 

 

ツイッターの「月曜日のたわわ」で有名な比村奇石さんが、ありがたいことにGUMKA miniatures に応援のカラーイラストを描いてくださいました。

 

題材は第二次大戦のソ連対戦車ライフル射手で、一応「Сокрушение!(撃破)」という作品タイトルがあるのですが、比村さん曰く「赤いたわわ」

 

A3ポスターを作成して夏ワンフェスの当卓にて頒布を予定しています。どうか御期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンフェス2017[夏] に参加します

 

 

 

7月30日に幕張メッセで開催される

ワンダーフェスティバルに参加します。

 

卓番号は第6ホール、6-28-05 です。

 

ソ連軍の野戦炊事車PKやレッドアイアンの新製品

ZiL-MMZ-555ダンプトラックを販売予定です。

ぜひ、お立ち寄りください。

 

 

 

 1/35 ソ連野戦炊事車 PK

 

 

GUMKAミニチュアの新製品「1/35 ソ連野戦炊事車PK(品番FK3502)」が発売となりました。

 

 帝政ロシア時代に制式採用された野戦炊事車で、基本形態をほぼ変えずに第二次大戦まで使用され、兵士に温かい食事を提供し続けました。

 

 調理釜本体、収納箱、煙突などはレジン製で、パンチングボード製の大型ラックはエッチングで再現しました。収納箱に付く手すりを再現するための冶具もセットされています。ベースキットとしてミニアートの「農場の荷馬車(MA35542)」が必要です。

 

 

 

 

 

レッドアイアン ルノホート1号

 

 

 ロシアのレジンメーカーレッドアイアンモデルズは、これまで建機を中心に製品展開してきましたが、同社初の宇宙アイテム「1/35 ルノホート1号」を4月に発売し、本国では大人気となり、すでに完売しました。

 

 実車は、まだソ連時代の1970年にルナ17号によって月に運ばれ、人類史上初の遠隔操作で他天体の観測活動した探査車でした。

 当時、ニュースや科学専門誌はもちろん、小・中学生向けの学習雑誌でも大々的に取り上げられたので、50代以上のかつての科学少年ならば感涙アイテムでしょう。

 

 

 

 

イエローサブマリン秋葉原スケール店でレッドアイアン販売中

 

 

 イエローサブマリン秋葉原スケールショップで、ロシアのレッドアイアン製品をお取扱い頂けることになりました。

 

「キットの現物を見てみたい」

 

「東京出張のついでに買いたいけど、どこかで売っているの?」

 

などお困りだった皆様、すぐに秋葉原のイエローサブマリンへ!

 

                   Red Iron Models

 

レッドアイアンモデルズ

 

 ソ連時代の1/35建機や道路アクセサリー、自販機、民生工作機械などのレジンキットを販売しているレッドアイアンモデルズの輸入販売を2016年2月より始めました

 

製品の詳細はこちらからどうぞ。

 

通販・予約希望の方はこちらからどうぞ。

 

 

  ブログ (blog)

GUMKA工房記
GUMKA工房記

日々の出来事やキットの開発状況は、こちらを御覧ください。

 

   住所 (address)

270-0032

千葉県松戸市新松戸北2-21-6

TEL/FAX  047-344-5257

 

2-21-6 Shinmatsudokita,

Matsudo Chiba

230-0032 JAPAN

TEL/FAX +8147-344-5257

 

 

 

訪問者数

無料カウンター