最終更新2020年10月18日

  

                Welcome to GUMKA miniatures!

 

 

 11月18日に新刊資料同人誌「T-80Uと派生型」の予約に関して、Contact us からお問い合わせをいただきました金子様、22日に同じく予約の申し込みをいただきました石橋様、返信メールがエラー表示で送れません。申し訳ございませんが、今一度、メールアドレスをお知らせください。

 

                                   Head Line News

 

 ソ連の最優秀主力戦車T-80Uと派生型

 

 

 T-80BVの改良型として1985年から量産されたT-80Uは、ガスタービンエンジンを搭載し、主砲は125㎜滑腔砲で新型の爆発反応装甲コンタークト5を装着しており、ソ連時代に開発された主力戦車としては最優秀と称えられました。

 しかし、ソ連崩壊後は軍の予算も大幅に削減されたため、T-72Bの3倍もの車両価格と燃料消費量が多いガスタービンエンジンは運用コストが高すぎると新生ロシア陸軍の標準装備となれず、1998年に生産終了となりました。

 

 本書は写真を中心にT-80Uを解説する内容で、簡単な開発史、細部や内部を含む実車写真、T-80UK指揮戦車とT-80BVを近代化改修したT-80U-E1、地雷処理アタッチメントなどを紹介しています。写真提供と解説はロシア人の研究者で、イラストレーターでもあるアンドレイ・アクセーノフ氏で、これまで和書にはなかった様々な新情報が書かれています。

 

 本の版型は前作ズリィーニィ本よりも大きなA4版でフルカラー80ページ(表紙を入れると84ページ)収録写真は120枚以上で、写真の解説には英文も付きます。

 同人誌のため一般書店での取り扱いはありませんが当直販サイトの他、下記の模型店でも頒布予定です。

 

 イエローサブマリン秋葉原スケールショップ(東京都:秋葉原)

 キヤホビー(東京都:荻窪)

 サニー(東京都:下北沢)

 ホビーランド(大阪:本町)

 マキシム(千葉県:市川)

 

*同人誌専門店「コミックとらのあな」「メロンブックス」でもお求めいただけます。

 

 

 

 

ズリーニィ突撃榴弾砲の資料本、発売中!

 

「ハンガリー陸軍 40/43.M 10,5 cm突撃榴弾砲ズリーニィ」

 

 

 

 第二次大戦のハンガリーAFVの中で最も成功したと言われるズリーニィ突撃榴弾砲の資料同人誌です。

 

 本文で実車開発史と構造を解説し、ロシアに残る実車の細部写真、試作車、先行量産車、第1生産ロット(1943年型)、第2生産ロット(1944年型)それぞれ形式別の写真、新考証に基づくカラー塗装図など、これ一冊でズリーニィが理解できる内容を目指しました。

 

 B5版74ページ(表紙を入れると78ページ)カラー9ページ。カラー正面図4点、カラー三面塗装図3点、インテリアのカラー写真、貴重な大戦中のカラー写真2枚の他、収録モノクロ写真は100枚以上。頒布価格2000円

 

 

 

 

 

 

 

 

自費出版本のため、一般書店での取り扱いはありません。グムカ直販サイトや下記の各模型専門店でお求めください。

 

  • イエローサブマリン秋葉原本店☆ミント スケールモデルフロア(東京都:秋葉原)
  • キヤホビー(東京都:荻窪)
  • サニー(東京都:下北沢)
  • ホビーランド(大阪府:大阪市本町)
  • マキシム(千葉県:市川)

 

*グムカ直販サイトは、こちらからどうぞ。

 

*「コミックとらのあな」でも取り扱っています。こちらからどうぞ。

*「メロンブックス」でも取り扱っています。こちらからどうど。

 

 

 

                   Red Iron Models

 

レッドアイアンモデルズ

 

 ソ連時代の1/35建機や道路アクセサリー、自販機、民生工作機械などのレジンキットを販売しているレッドアイアンモデルズの製品を2016年2月より輸入販売しています

 

製品の詳細はこちらからどうぞ。

 

通販・予約希望の方はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

レッドアイアン1/35 スプートニク2号

 

 

 1957104日に世界初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げ、世界を驚かせたソ連は、一か月後、船内に「ライカ」という名前のイヌを乗せた世界初の生命体搭載人工衛星「スプートニク2号」を打ち上げ、再び世界を驚かせます。

 

 スプートニク2号は1957113日バイコヌール宇宙基地よりR-7ロケットによって打ち上げられ、軌道投入までは順調だったものの、ロケット本体と衛星本体の分離に失敗し、スプートニク2号はロケットと結合したまま軌道を周回することになりました。スプートニク2号からの通信は1110日に途絶え、打ち上げ162日後の1958年414日に大気圏に再突入し消滅しましたが、世界初の宇宙船という栄冠を得ました。

 

注文は、こちらからどうぞ

 

 

ブログ (blog)

GUMKA工房記
GUMKA工房記

 

 

日々の出来事やキットの開発状況は、こちらを御覧ください。

 

   住所 (address)

270-0032

千葉県松戸市新松戸北2-21-6

TEL/FAX  047-344-5257

 

2-21-6 Shinmatsudokita,

Matsudo Chiba

230-0032 JAPAN

TEL/FAX +8147-344-5257